医療脱毛は保険適用されるのでしょうか

医療脱毛は保険適用外となります。
そのため、医療脱毛に要した費用は、全額自己負担と言う形になります。



保険適用外の治療や施術と言うのは、ケースバイケースで医療費控除を受ける事ができます。

では、この医療脱毛に必要となった費用は、医療費控除の対象になるのかと言う事です。

これは答えはノーであり、医療費控除として認められないとされています。

まず、保険適用される治療と言うのがどのようなものであるのかを考えた場合、自由診療以外の治療は適応されます。これには、基本的な考え方があります。


治療は保険が適応されますが、予防は適応されません。また、医師の指示により行なわれるものは保険が適応されます。
尚、医療脱毛のような美容、および健康目的で行われる施術については保険が適応されないと言う基本的な考え方があるのです。

機能が低下する事で人は病院施設などで治療を受けます。


これは医師の指示により、どのような治療を行うのかを決めて行う事になりますので、保険が適応される事になるのです。



しかし、医療脱毛は、医療レーザーを使うなどして、発毛組織を破壊していく手法であり、目的と言うのは、ツルツルの肌を得たいと言う事です。

この目的は、あくまでも綺麗にしたいと言うものであり、綺麗にしなくても機能的には何ら問題が無いのです。
要は、脱毛をしなくても問題が起きませんので、保険が適応されない事になるのです。

そのため、自己負担率が高くなりますので、脱毛を行う場合は、費用面でも比較をしていく事がポイントになります。